自分に適した勤務形態選び

看護師として働く時に、まずは正規雇用と非正規雇用のどちらかを選び、さらに勤務形態を考えていきます。

正規雇用でも職場によって2交代制と3交代制があるので、自分にとって働きやすい方を選ぶことが大切です。ここに夜勤も加わってきますので、勤務時間は一緒でも体に対する負担は違っており、オンとオフの切り替えが重要になります。

2交代は日勤と夜勤があり、1回あたりの勤務時間は長いですが、次の勤務までの空き時間も長く取れます。そのためしっかりと休養が取れ、プライベートの時間も確保しやすいです。

3交代制は日勤と準夜勤と深夜勤で、勤務時間は短いですが、シフトによっては体に負担がかかってしまう場合があります。これは体質や慣れによって違いがあり、上手くいけばいいですが、失敗すると自律神経が乱れるなどトラブルの原因になる場合があります。さらに急性期病院では残業も多く、勤務形態が崩れる可能性もあり注意が必要です。こればかりは実際に働いてみないと分からないため、難しい問題となります。

現在は医療施設の他にも看護師の需要が高まっており、人手不足のところが多く、パートやアルバイトといった非正規雇用も積極的に求められているのが現状です。この時も勤務形態は重要になり、最初にしっかりと決めておかないと、都合によってシフトを組まれてしまう場合があります。

負担少なく働くためには、自分に適した勤務形態を見つけ出すことも大切です。