日勤と夜勤の特徴とは

看護師が病棟で働く場合の働き方として、日勤と夜勤があります。

日勤では看護師が多いため、一人で担当する患者さんの人数が少ないです。そのため、主に日勤の時間帯で、医師や作業療法士、理学療法士、ソーシャルワーカーなど多職種のスタッフとやりとりすることが多いです。多職種での情報共有や相談は、患者様のQOLの向上や社会復帰のために重要です。

また、さまざまな処置や検査、リハビリなども日勤の時間帯に行われることが多く、そのための準備を行うことや介助に入ることも日勤の方が多いといえます。

一方夜勤では看護師の人数が少ないため、一人で担当する患者さんの人数が多いです。夜勤帯では患者さんは寝ているので、やることも少ないのではないかと思われるかもしれませんが、実際はそうでもありません。患者さんが寝ている間にも、輸液や人工呼吸器の管理など重要な役割が沢山あります。時間帯が重要な検査で、早朝や夜に行わなければならない検査などもあります。

また、患者さんの夜勤帯での情報を、日勤の看護師に伝えることも重要です。日勤帯の情報だけでは、患者さんのQOL向上や社会復帰に向けての最適なプランを考えるには不十分であると言えるためです。

日勤と夜勤にはそれぞれ特徴がありますが、どちらも患者さんにとって重要な役割を果たしていると言えます。それぞれが自分の役割を自覚して協力、連携していくことが、患者さんのQOLの向上や社会復帰に向けて必要とされています。